外壁塗装工事の進め方!〜外壁塗装のススメ〜

お問い合わせはこちら

コンテンツ1

外壁塗装工事の進め方!〜外壁塗装のススメ〜

CONTENT1

あなたの住んでいる住宅や経営している会社の事務所やアパートの外壁や屋根は、雨風や紫外線など毎日のダメージを受け止め私たちを守ってくれています。毎日ダメージを受けている外壁や屋根は、紫外線や雨水を受け続けると月日が経つとともに劣化していきます。

そのため、外壁塗装、屋根塗装をして自然環境のダメージから外壁や屋根を守る必要があるのです。外壁や屋根の塗膜は、劣化により防水性まで低下しチョーキングと呼ばれる壁面が粉を吹く現象や汚れの付着、カビやコケの発生原因となってしまうこともあります。

これを放置すれば、外壁材の寿命を縮めてしまったり雨漏りの発生を誘発してしまうでしょう。

外壁塗装のタイミング

外壁塗装

では、外壁塗装はどんなタイミングで行えばいいのでしょうか?塗装の寿命は、およそ10年が寿命とされています。

万が一塗装の内側まで傷んでしまうと、塗り替えだけでは済まず、内部の補修作業まで行わなければなりません。その作業にはより費用がかかり、痛い出費です。

新築10年経過した物件や塗装工事後10年以上放置している物件をお持ちの方は外壁、屋根塗装を検討した方が良いかもしれません。

そのなかでも、特に屋根は自分でメンテナンスをするのが非常に難しい場所と言えます。三角の屋根は比較的水はけが良いと言われていますが、現代の住宅で人気の平らな屋根は、雨水が溜まりやすく雨漏りや雨水の浸水の危険性が高いです。

そのため塗装工事と合わせて、防水工事まで含めたメンテナンスが必要となってきます。

また、外壁のひび割れやコーキングの劣化によっても外壁材、屋根材の寿命が短くなってしまう可能性があります。ただ外壁塗装、屋根塗装を行うだけでなく、外壁のひびやコーキングの状態までしっかりチェックし場合によってはしっかりと修正してくれるような業者を選ぶことも重要です。

外壁塗装工事や屋根塗装、防水工事は建物の見た目の美しさを保つだけでなく、建物の寿命を延ばす意味でも重要なメンテナンスと言えるでしょう。

定期的な塗装工事、防水工事を行うことで外壁や屋根自体を交換しなくてはならないという事態は高確率で避けられるので、無駄な出費を出したくないという方や新築10年以上経過した住宅に住んでいる人は是非外壁塗装、屋根塗装を検討してみてはいかがですか?

 

« 一覧に戻る