急な雨漏りはどうすればいい? ~雨漏りの対処法と修理について~

お問い合わせはこちら

コンテンツ3

急な雨漏りはどうすればいい? ~雨漏りの対処法と修理について~

CONTENT3

梅雨時期や夏の台風時期、それ以外の時期でも急に雨漏りは発生します。そんな雨漏りですが、一般の方では雨漏りの原因を判断するのは難しいと言われています。原因がわからないまま雨漏りの修理をすると、逆に被害を増やしてしまったり気づかないうちに家全体にダメージを与えてしまうことも。ここからは主な原因を3つほどご紹介します。

雨漏りの主な原因

1.屋根の破損

屋根は比較的雨漏りの原因として発見しやすい場所と言われています。しかし、個人で屋根を修理するのは難易度が高く危険性も高いです。屋根からの雨漏りの場合、屋根修理を行ってくれる業者に調査を依頼するようにしましょう。また、屋根材にもよりますが、10年に1回くらいのペースでメンテナンスをすると長持ちすると言われています。

2.窓枠やサッシ

窓枠からの雨漏りは意外と多く、築10年以上の物件で起こりやすいと言われています。劣化により、外に出ている部分と壁の接続部分に隙間ができてしまい、そこから雨水が入り込んで雨漏りが発生してしまいます。窓枠からの雨漏りは、接続部分のコーキングのひび割れから雨水が入ってくることが多いです。雨漏りの修理業者に調査依頼するのが1番確実ですが、個人で修理する場合は、コーキングのひび割れをチェックしましょう。

外壁の劣化

外壁からの雨漏りは、結構見過ごしやすい雨漏りの1つと言われています。屋根の破損や窓枠の隙間は見た目でわかりますが、外壁の破損を見抜くのは難しいです。見ただけでは分からないくらいの小さなひびでも、1枚壁を割ってみたらかなり大きなひびの場合もあります。一般の方には判断が難しいので、外壁からの雨漏りは雨漏りの修理業者に調査を依頼するようにしましょう。ひび割れの深度によっては、コーキングによる補修のみで比較的安価に修理してもらえる可能性があります。

注意していただきたいのは、築年数がかなり経過している物件ですと全体修理のため塗装や壁材・屋根材自体の交換を提案されることもあるので、定期的な調査やメンテナンスを行うと良いでしょう。

雨漏りの修理業者への依頼はまず、実績が豊富で技術力が高い業者を選ぶようにしましょう。自社のホームページで工事風景を写真等でアップしていると分かりやすくて良いです。

また、雨漏り鑑定士や外装劣化診断士等の資格を有していると尚良いと言えます。ネット等で検索し電話やWEB上で調査の依頼をし、必ず見積もりをもらってください。何社かに見積もりを依頼して比較し、価格、技術力共に優れた業者を選ぶようにしましょう。

 

« 一覧に戻る